Soul Survivor
[INDEX] [PROFILE] [DISCOGRAPHY] [COVER SONGS] [SESSION WORKS]
[LIVE REVIEW][FILM COMPOSITION] [PARLIAMENT CF] [MAGAZINE]


1.Walk On By(B.Bacharach-H.David)
2.I Give In(Caldwell-McMillen)
3.Don't Ask My Neighbor(S.Scaborough)
4.Your Precious Love(N.Ashford-VSimpson)
5.Show Me(Caldwell)
6.At Last(H.Warren-M.Gordon)
7.Back In Love(Caldwell-Cross)
8.Promise(Caldwell)
9.Until You Come Back To Me(S.Wonder-C.Paul-M.Broadnax)
10.Let Be Me(Krurtz-Leroy-Silly)

Bonus Track(Japan Only)
11.All The Way(S.Cahn-VanHeusen)

Produced & Arranged
By Randy Waldman &
Bobby Caldwell
Original Release:1995
All Vocal:BOBBY CALDWELL
Guitar:BOBBY CALDWELL,PAUL JACKSON Jr.,MICHAEL LANDAU
Keyborards:BOBBY CALDWELL,GREG PHILLINGANES,RANDY WALDMAN,TOM KEEN
Piano:
RANDY WALDMAN
Synths:BOBBY CALDWELLRANDY WALDMAN
Organ:MARK McMILLEN,RANDY WALDMAN
Bass:NEIL STUBENHAUS
Drums:BOBBY CALDWELL,VINNIE COLAIUTA,JOHN ROBINSON
Alto Sax:MICHAEL LINGTON,BONEY JAMES,TOM SCOTT
Percussion:LENNY CASTRO
Background Vocals:JACKIE O'SHEA,JEAN McCLAIN,WARREN WEEBE,LESLIE SMITH.ARNO LUCAS,BOBBY CALDWELL
Woodwings:DAVE BORUFF
Programming:BOBBY CALDWELL
Additional Programming:RANDY WALDMAN
Recorded At PACIFIQUE RECORDING STUDIO,NORTH HOLLYWOOD,NRG RECORDING STUDIO,NORTH HOLLYWOOD
Mixed At PACIGFIQUE RECORDS & LIGHTHOUSE RECORDERS,NORTH HOLLYWOOD
Mixed By WOODY WOODRUFF & RICHARD McLNTOSH
Additional Mixing:KEVIN CLARK
Assistant Engineer:JAMES BEATY At LIGHTHOUSE RECORDS
Masterde At OCEANVIEW DIGITAL MASTERING,LOS ANGELES/MASTERED By JOE GASTWIRT
Typesetting & design:WEST COAST CREATIV ALLIANCE
Illustration:MIGUEL CASTILLO

当初このアルバムのインフォメーションが流れ出したのは丁度94年の秋頃だった。(噂が流れてから一年もかかったことになる。)Soul Survivor ツアーに合せたリリース予定であったが、お決まりのようにひとまず、その春に延期されたあと、9月10日発売のアナウンスがADLIBなどの音楽雑誌などで紹介されていたにも関わらず、またもや土壇場でアーティスト・サイドからジャケットの意匠と曲順を入れ替えるという理由にてまたまた延期された。その間2ヶ月もまたされたファンはイライラの連続。やっと発売されたこのアルバム『Soul Survivor』は通算7枚目となるオリジナルアルバム。当初の噂では『Solid Ground』『Where Is Love』で見せたジャジ−な新しい方向性をより濃くし、ナタリー・コールが大成功を納めた『アンフォーゲッタブル』のようなスタンダード集になるのではと言うことであったが、いざ蓋を開けてみるとポップス・クラッシク&スタンダードの7曲オリジナル4曲、全11曲と言う構成。結論から言えばよく出来たアルバムと断言しよう。オープニングはB・バカラックの<Walk On By>.。なんとスムーズな導入部であろうか?CDをセットした瞬間からボビーの世界に引き込まれてしまう、そんな形容がぴったりだ。続く<I Give In>はツアー・メンバーM・McMILLENとの共作曲。ノスタルジックな曲調の甘いラブソングだ。M・McMILLENはチャカ・カーン等に曲を提供したり、最近では、マーク・ウインクーの新譜をプロデュースするなど注目のミュージシャンであり、ステージでは渋いヴォーカルも披露していたのが記憶に新しい。内容に戻ってデビッド・フォスター調の<Don’t Ask My Neighbor>はカバー曲だが、まるでオリジナル曲の様に聞こえるから不思議。最近のステージですっかりおなじみの<All The Way><Beyond The Sea>などのカバー曲におけるスタジオ・ミュージシャンが『Carry On』以来の豪華な布陣。それとは対照的にオリジナル曲でのボビーのマルチ・ミュージシャンぶりには脱帽である。流石完全主義者ならではのこだわりと言えそうだ。どちらもいずれ劣らぬ仕上がりで前作『Where Is Love』では、スタンダード曲のカバーが浮いてしまったような印象をもったが、今作はそんな心配は御無用。AORのカテゴリーにとらわれずボビーの新境地を開いた意欲作品である。

CD (JAPAN)
CD:POLYDOR POCP-7060
CD:VICTOR VICP63196
CD (USA)
CD:SIN-DROM SD 8910
MT:SIN-DROM SDC 8910
SINGLE (JAPAN)
Let It Be Me C/W All The Way [POLYDOR PODP-1115]
SINGLE(USA)
Don't Ask My Neighbor C/W Back In The Fire SIN-DROM SD 1205
I Give In (Radio Version) C/W Promised Album Version SDC1200 [MUSIC TAPE]
Unreleased Soul Survivor Cover
95年音楽雑誌ADLIBに紹介されたジャケットがこれ!9月10日発売の記載がありジャケットまで紹介されたのに延期されてしまったもの。遅れた原因は一般のリスナーには殆ど解らないような緻密な部分まで、限りない拘りをみせ、アルバム制作に多大な時間を費やした結果だったようだ。その雑誌のNEW DISKの巻頭を飾ったレビューにはB<You Precious Love>は、当初ヴァネッサ・ウィリアムスが予定されていたようだ。本人も乗り気だったようだが、スケジュールが合わず実現しなかったそうだ。しかし、96年にバネッサのアルバム『Star Bright』で楽曲は違うがデュエットが実現した。今度はBOBBYのアルバムで熱いデュエットを聴かせてほしいものだ。

Back | Next